ニキビの原因を考えてニキビ治療ですっきり顔に戻りました

性ホルモンの影響でニキビができる

ニキビ治療皮膚科でのニキビ治療

思春期のニキビが悩み | 性ホルモンの影響でニキビができる | ニキビを病院で治す

ちなみに、女性の場合は男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが乱れて起きることもあるといいますが、このバランスの乱れもストレスが要因していることもあるようです。
肌細胞は一定周期ごとにターンオーバー機能が働くわけですが、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと毛穴の出口にある角層がはがれずにとどまる、これが厚みを増して出口をふさぐことになります。
これをイメージしたとき中から汚れが出て来なくなってたまり続けるなどの印象がありましたが、薬用石鹸をドラッグストアで購入して顔を洗うときに使ってみました。
普段石鹸で顔を洗うといった習慣がなかったので毛穴の詰まりが原因でニキビができているのであれば、根本的な解決をしなければニキビ治療などはできないと感じたのです。
アクネ菌はニキビができる原因の一つになるのですが、アクネ菌は誰もが持っている常在菌で毛穴が詰まると内部は皮脂が充満した状態になり、ここでアクネ菌は皮脂をエサにして増殖するといいます。
炎症を引き起こすので赤色のニキビができるのが特徴、自分のニキビも赤ニキビ状態でしたので、毛穴の詰まりを予防すると同時にアクネ菌の増殖を減らすための洗顔を続けたのです。
ニキビには炎症しないタイプと炎症を引き起こす2つの種類があるようですが、赤ニキビや黄ニキビは炎症を起こすタイプです。
黄色になるものは粒の上側に膿がたまっていて黄色く見えるのが特徴で、黄色になるようなものができるとニキビ跡になる、自分は赤色なので少しだけ安心しました。